守山にサッカー専用グラウンド建設費助成決まる

滋賀がまたやってくれました。U-6プロジェクトとグラウンドの両方が整備されたのは滋賀県と静岡県だけです。いよいよサッカーの滋賀県としてのインフラの整備が重要です。

Kyoto Shimbun 2004.03.25 News
 日本サッカー協会(東京都)は25日、2002年サッカーワールドカップ(W杯)の剰余金でサッカー場整備を進める「スポーツ環境整備モデル事業」の助成対象団体に、サッカー専用グラウンドの建設費助成を申請していた守山市を選んだと発表した。助成額は2億2000万円で、市は06年度の完成を目指し、滋賀県で初めてのサッカー専用グラウンドの整備を進める。

 専用グラウンドは守山市服部町の旧野洲川北流の河川跡に県や周辺の1市2町が建設を計画している野洲川歴史公園(仮称)内に設ける予定。敷地約5・5ヘクタールに天然芝1面、人工芝2面のサッカー専用グラウンドを整備し、夜間照明施設やクラブハウスも建設する。総事業費は約9億円を見込んでいる。

 協会は昨年、W杯の剰余金のうち約30億円を利用して助成制度を創設。2004年度から3年間で申請のあった団体から十数カ所を選び、サッカー場整備などを進める計画を公表。今回、守山市を含む6件を助成対象とした。

 サッカーグラウンドの建設について、市は「サッカーのレベル向上とともに、地域の活性化にもつなげたい」としている。

是非実現していただきたいと思います。守山市、滋賀県を中心に野洲町、中主町、栗東市、草津市の全面的な協力が必須です。
[PR]
# by shiga-soccer | 2004-04-08 21:28 | サッカー

びわこスポーツクラブ紹介

地元志賀町にあるサッカークラブ
地域型総合スポーツクラブを目指しています。スポーツ少年団からシニアチームまでがあります。

びわこスポーツクラブ
[PR]
# by shiga-soccer | 2004-04-07 09:42 | サッカー

年度始めの会合とblog開始

2004年4月6日に、びわこスポーツ科学研究会の幹事会を開催しました。

参加者
永井彰 (シニア、スポーツドクター)
豊田一成 (会長、びわこ成蹊スポーツ大学)
松田保 (副会長、びわこ成蹊スポーツ大学)
高橋正行 (びわこ成蹊スポーツ大学)
廣木武士 (びわこ成蹊スポーツ大学)
中村隆志 (済生会滋賀県病院)
吉満樹 (アスレチックトレーナー)
天川昌洋 (滋賀県サッカー協会、社会人)
寺島 (滋賀県サッカー協会、審判委員長)

昨年度の活動
2003-2-16 
第1回研究会 兼 発足総会@大津プリンスホテル
基調講演 森昭三 びわこ成蹊スポーツ大学学長

2003-5-6
第2回 研究会@びわこ成蹊スポーツ大学
基調講演 「医師としてするスポーツとしてのサッカー」 中村隆志
       「サッカー日本代表としての経験」 井原正巳

2004-1-24
志賀町サッカーフォーラム@志賀町文化ホール
キッズ年代におけるスポーツ活動の現状と育成課題
基調講演「サッカーを通じたキッズ年代のスポーツ振興への取り組み」 日本サッカー協会 CHQ 鈴木徳昭
パネルデイスカッション 司会:豊田、パネリスト:広木、中川、井原

目標達成・自己実現講座プレミアム@大津プリンスホテル
基調講演 「一流スポーツ選手に学ぶ、目標達成とメンタルトレーニング」 豊田一成
公開対談 岡田武史(横浜Fマリノス監督)、井原正巳、豊田一成

本年度はblogを始める事が決まりました。(敬称を省略させて頂きました)
[PR]
# by shiga-soccer | 2004-04-07 06:22 | スポーツ科学研